不妊治療関連ニュース

不妊治療補助金制度


現在、不妊治療をしている方は自治体に不妊治療補助金に関する手続き申請をすると不妊治療補助金がもらえます。
このシステムは2016年から改正されるとのこと。
42歳までの人の場合、不妊治療補助金は適用されますがそれ以上の年齢になると補助金は出ません。
補助金適用の年齢から不妊治療を始めたとしてあと数か月したら補助金適用年齢からはずれてしまうなど問題点が多いなぁと感じます。


不妊治療に関してはさまざまな治療がありますが、その治療全てが保険適用になってくれさえすれば、治療している側の金銭的な負担は軽くなるのになぁって思うのです。
財政が厳しい状態である事は百も承知しているのですが、医療負担制度をほんの少し変えて遍く国民から確実に徴収できれば医療問題はある程度解決できるのではないかな?とも思います。
ご老人方には申し訳ないけれど、そのご老人方を支える為にも子供には増えてもらわねばなりません。

年金で暮らしているからとおっしゃるご老人は多いかもしれませんが、働いている中年層でも厚生年金を支給されているご老人より所得が低いなんてことあるのですよ。

国民年金で月々に5万円程度しかないご老人は別として、結構な金額を支給されているご老人方には医療費も2割程度はご負担願いたいなぁ。
私はあともうちょっとしたら年金で暮らすであろう年齢になります。
それでも思うのです。
家に湿布が溜まっていたり、飲まない薬を処方してもらって家にたんまり薬が残っているご老人を存じておりますが、それこそ本当に具合が悪い時には病院に行かないというか行けない?そんな老人の病院会合事情を知りますと、もうちょっと若い世代の人達のことを思ってくれないかしら?と思います。

その他医療費に関してですが、生活保護世帯は無料ですよね。
生活保護世帯の方にもできれば一割くらいはご負担願いたいところです。
私がここまで医療費に限らず少々の負担を覚悟していただきたいと思うのは、全ては若い世代の人たちのことを思うからです。

これから子供を産みたいという人達が子供を産んで育ててくださらなければ、福祉に関して年を取った人を支える若い世代がいなくなるってことなんです。医療制度のみならず日本という国が破たんするやもしれませんぞ。

子供がほしいのにできない。治療したいけれど金銭的に苦しくて治療を継続できない。
悲しいかな子供を産む前から膨大な費用をかけて不妊治療をしなければならない人達を補助する政策はまだまだです。何とか支えてあげたいと思うのです。ただでさえ精神的、肉体的にも辛い治療なのですよ。本当につらすぎる治療でございます。
これは経験した人にしかわからないことです。ほんとうに辛い辛い治療の一つです。
その治療によって元気な子供を授かり、その子供が社会人になってくれる事で上の世代の人たちは支えられることになるのです。
国家のしくみは複雑ですけど、若い世代が国を支えるという構造だけは明白です。

2016年から、ほんとうに不妊治療補助金制度が変わると決定したのかしら?
卵の状態が云々という言葉が、この不妊治療補助金制度の中ではでてきておりましたけど、若いうちに卵の採取をしておいて冷凍保存しておけば、43歳の子宮でも育ってくれるのではないのかしら?
ここらへんの話になってくると医師や研究者の話にもなってくるのでしょうけどね。

できればですが、50歳まで不妊治療保障制度をとは言いません。
もう少し国は不妊治療に臨んでいる多くの人々の声を吸い上げてくれないものでしょうか。

人気ブログランキングへ

「不妊治療を終えて」トップページに戻る


不妊治療関連ニュース

卵の提供・NPO団体が始める

2013年春、不妊治療を行っているご夫婦が6組に1組となりました。
国家としてもこのような事態は少子化が進んでいるという事実を突きつけられた統計ですから死活問題です。

妊娠を望む女性が海外で受精卵の提供を受けている事を受けて、国が動かないことからNPO団体が動き出したようですね。

卵の提供者も卵を提供を受けられる方も厳しい審査のもと決定されるようです。
どちら側にもリスクは伴います。
そういうリスクの全てを理解した上で行われることになるのでしょう。

今後、どういった問題が生じるのかは現時点ではわかりません。
そういうかたちで妊娠し、出産した方がどういう精神状態で子育てができるのか、また、成長した子供が、自分の出生に関して詳細を知ることになった時にどのような問題が生じるのか現在では統計を取ることさえもできません。

少子化という問題に国はどういう対策をとるのか。急がれる問題ですが軽々に決められることでもなさそうです。

できれば自分の卵が使えないのであれば自分の細胞から卵をつくってもらい、夫の精子と受精した受精卵によって実子を産めるようにしていただきたいな。
人間の生命に関する事ですからそうそう簡単に決められないのが当たり前といえば当たり前ですね。
難しい問題です。困った!

人気ブログランキングへ

「不妊治療を終えて」トップページに戻る

不妊治療

受精卵で妊娠するということ


手段を選ばずとも妊娠したい。
そのお気持ちはわからなくはありません。(二重否定の言葉で表現)

他人の受精卵を提供してもらって自分のお腹で育てて産むという事で果たして満足できる妊娠といえるのでしうか?
日本国内ではそういうことが認められていないため、海外に行って受精卵の提供を受けている方が現在多いようです。

また、日本在住の若い女性が卵子の提供のために海外に行くという事例も数多くあるようです。
卵子提供といっても日本で不妊治療をする際には排卵誘発剤で3個から5個くらいの卵ができるようにしているのに対し、海外では20個の卵の採取をすると聞いて驚きました。
女性が一生涯で何回排卵があると思いますか?
毎月、左右どちらかの卵巣から一個の卵がつくりだされます。
今月右だったら次は左からというサイクルで排卵が起こります。
一生涯、生理が始まってから閉経するまでに個人差はありますが12歳から始まり50歳で閉経すると計算してみると、1年(12回)×38年(回)=456個ですが、妊娠に適した年齢は18歳くらいからおおよそ35歳くらいまでと考えると17年分で204個となります。
毎回排卵が確実にあるとは言えないことと、100%受精卵に適した卵という保障はないのでおおよそ160個くらいの卵が良い状態なのではないでしょうか?
出産を考えている若い女性は、安易に排卵誘発剤で多くの卵子を提供しないでくださいね。
自分が健康な妊娠をしたいと思った時に後悔することがないようにしてください。
倫理的な問題から、この問題に関しては国もきちっと指針を出すべきではないかと思います。
卵子提供がちょっとしたお小遣いになるからと海外に出ていく女性に警鐘を鳴らすべきと私は思います。

リスクはゼロではないのです。

どうかよく考えてみて下さい。
知らない街で自分の血をわけた子供がどこかで育っていたとして、その子の生活が豊かなものであればまだよいですが、何か問題になっていないかなど考えたらやりきれませんよ。
目の前の金銭にとらわれることなく、よくよく考えてみて下さいね。

受精卵をいただいて出産する方は、夫の血も自分の血も繋がっていません。お腹にいるときにへその緒を通して血液と一緒に栄養分を与えているだけなのです。
生まれてくる子は自分にも夫にも似ていないかもしれません。性格もどういう性格になるかはわかりません。精一杯の愛情をかけてあげられるかもしれませんが、そうでないかもしれません。先の事は誰にもわからないものです。

慎重に先のことを考えてみましょうね。

人気ブログランキングへ

「不妊治療を終えて」トップページに戻る

  1 2 3 4  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。